人気ブログランキング |
タグ:古いもの見つけた! ( 23 ) タグの人気記事
雞公碗
実は鶏柄、好きなわけではない。
これは形が気に入って。写真では形が丼に見えるけれど浅めで横に広がっているタイプ。
逆さまに写ってしまったが内側にどんぐりのような絵が描いてある。
小皿には昭和とシールが貼ってあったので日本の古物。又、日本に帰って来たね。

c0039215_14044170.gif

さて、何を作ろうか。


by grandma-alice | 2018-12-24 14:02 | | Comments(0)
2018.08.21 昭和のポット
北海道の家のクローゼットから出て来た。
保証期間は昭和64年とある。新品、箱のレトロ感ひしひし。中身は勿論プラスチック製ではない。
電気ボットは使わないんだけれど……。
ん?
中国茶を長々と飲む時、鉄瓶を固形燃料で沸かしておくより合理的か?
30年経っているけれど使える??(笑)

c0039215_07541335.jpg

数日涼しかったけれどやはり今日は蒸して来た。朝起きて、外の暗さに慄く。
暑さの陰で既に次の季節が顔をのぞかせ始めているのだ。
私もTと友人もだんだん頑固になり始めている。これを過ぎると柔らかい気持ちの日々になるのだろうか。それとも人それぞれなのかな。
もの思う季節ではある。

by grandma-alice | 2018-08-21 07:46 | 独り言 | Comments(0)
溢れかえるもの
今日も花火の音が聞こえる。
余りにも大きくて不安になる。一体何処まで届くのか。近くで観たら綺麗だろうな。

知らないうちに愛知から運ばれて来るモノが家の中に増殖している。
「捨てれば良いってもんじゃ無いだろう」と仰るのだけれど。明らかに逆行している。
火鉢二つ、どうしたものか(笑)。

c0039215_20454920.jpg


ちょっと怖い兎さん。
蓋の裏に薬屋さんの名前が朱色で書いてある。
爺様が医者だったのは明治とか大正だったからコレもフルモノかもしれない。
葉書入れなので怖いけれど使える(勿論、今使っている自分の葉書入れは捨てる)。
気を使って私の好きそうなモノを差し出しているのは良く判る。残りは事務所に隠してある(笑)。
不思議だなぁと思う。私は歴史の浅い北海道の人間なので家というものに執着が無い。
育った場所が違うと根っこの部分がこんなに違うのだ。それに男女差もあるかも知れない。
でも、お仏壇と一緒にご先祖様も一緒に横浜まで来たのなら使っていたものが近くにあるのも良いかな。


by grandma-alice | 2017-07-16 20:07 | 独り言 | Comments(0)
サファイアブルーカスタードカップ
ヴァージニアではアンティークショップに寄りたかった。勿論、無理な話。折角行ったのになぁ……と思いつつ、昨日シルクセンター(笑)の地下でこんなものを買った。

c0039215_08111871.jpg


ファイアーキングにこんなものがあるとは知らなかった。

庭の柚子でポン酢を作った。
ピンポン玉くらいの大きさなので種の方が多い(笑)。
今年は果汁200cc。鳥が沢山食べた。
冬の間、たまに果物の残りとかを庭の木に刺しておく。
葉物の苗は今の所無事だ。

by grandma-alice | 2017-01-30 07:43 | 買出し部隊 | Comments(0)
台南ぶらり
台湾の初日、台北は小雨で風があった。
高鐡で独り台南へ。
思いの外、時間が掛かり着いたのは3時を優に過ぎていた。左營で待ち合わせているのでシャトルバスや在来線では余りに時間がタイトだ。
スーツケースを持って台南の街歩きは無理なのでコインロッカーに入れるつもりが数が余りに少なくて大型のロッカーは全て塞がっている。
ヒェ〜。台鐡の台南駅へ出て行李房へ預けるしかないか……。
それでも暫く待ってみる。10分程で若い女性がキーパッドを操作し始めた。どこが空くかは判らない。運試しのようだ(笑)。
幸いにも私はラッキーだったけど、良い教訓に。

街中に出て4時。日光大道の3階にある加工廠Fabric を覗く。想像していたよりずっと狭くて品揃えも予想外。お店を見せて貰ったので何か一つ買おうと変な孔雀を。

c0039215_00263722.jpg


セルロイドのお人形と迷った。
行きたかった寮國珈琲は5時に閉まる。
間に合わないので去年見つけた東山珈琲へ。
しかし、しかし。お店は閉まっていた。
がーん。東山で珈琲祭りでもやっているのか??
実は翌日も懲りずにわざわざ出向いたがやはりお店は開いていなかった。
東山珈琲、美味しいのに。
トボトボと並びの冰郷でがっくり加減を癒そうと……

c0039215_00263855.jpg


ホントは豆花を食べるつもりだったのに何故かカキ氷を頼んでいた私。
乗っかっていたピーナッツ、ヤケに美味しかった。
氷の下には沢山の具が隠れているの。

今回の珈琲作戦は見事に失敗だった。
代わりにカラスミ屋のおじいさんの顔を見に行く。90歳、昭和2年生まれだそう(ん?数えか??)。いつ迄仕事していられるか……と笑うけれどまだまだしっかりしていらっしゃる。
台湾のお年寄りパワーは見事だ。



by grandma-alice | 2016-11-30 20:47 | | Comments(2)
4月23日
今日のお弁当のおかずは菜脯蛋(ツァイポーヌン)。
台湾の卵焼き。小葱(北海道から担いで来た、臭かったけど新鮮で可愛い)を刻んで冷蔵庫を開けたら卵が1個しかなくてびっくり。小さく可愛らしく葱臭い卵焼きが出来ました。
菜脯はないから沢庵で代用。

そう、台湾と言えば。
昨日バンバンジーを作ろうと思って引出をみたら信成の芝麻醤がやっぱり入っていました。
良かった~と思って念の為日付をチェックしたら「有効日12/11」・・・・・・。
これ、どう思います??味は落ちても大丈夫なのかなぁ。
保留、取りあえず保留です(笑)。




c0039215_7485046.jpg


これ、シロップ用なんですよ。ベークライトなので結構古い。
昔、ダイナーのテーブルに乗っかっていたのかと思うといろんなことを想像してしまいます。
実物は大きいです。
金具を押すと口が開くので使い勝手は良さそう。
by grandma-alice | 2013-04-23 07:45 | 買出し部隊 | Comments(4)
10月11日
何気に安かったし、可愛いと思ったんだけど、家で見るとちょっと貧相か。
不繊布のトートバッグ。景品なのか?
タグが付いているので未使用ではある。




c0039215_20311818.jpg暑いような暑くないような秋の一日。

2,3日前から中国語講座6月に取り掛かる。
そうなの、もう何か月も5月分のCDを聞いていました。
大体、この位のスピードが私には丁度、なのです。
永遠に5月(おまけに2005年版)。
それでもこの前観た大陸版DVDは随分聞き取りやすくなっていました。
それが台湾のDVDになると難しい。
話のテンポや内容にも依ると思うけど。
永遠に5月でも人生に左程の不便はない。
一昨日、"玉観音"という映画を観ていたのだけど、雲南の山奥の風景が素晴らしかった(映画は暗い)。
多分、行くことはないけど世界は広くて人の数と同じだけの暮らしや人生があるんだなぁ。
by grandma-alice | 2012-10-11 20:30 | 買出し部隊 | Comments(0)
10月7日
今日は出来上がっているパスポートを取りに。
パスポートセンター、近いのです。自転車で10分位。
真新しいパスポートを開いて吃驚。やはり10年の歳月は大きいです(笑)。
今時のICチップ付のは触った感触がごついですね。私は運転免許を持たないのでこれが顔写真付の唯一の身分証明になります。
果たして後何回更新するのか。

序に近くの横濱コレクターズモールを覗く。
本当に少しのブースしか在りません。布物を少し。



c0039215_233518.jpg何故か鶏が並びました。
実用品ばかり。
ちょっとした息抜き。

うぅ、物は買わないはずなのに。
一番効果的なのは家から出ないことかも。

山下公園前の通りは銀杏並木なので暫く前から銀杏の匂いが充満中。
葉っぱが色付くにはまだ早いですけど秋は確実に進行中。
by grandma-alice | 2012-10-07 23:25 | 買出し部隊 | Comments(0)
2月6日
古い写真を整理した。靴の空き箱に放り込んだきり、引越のたびに持って移動してきたものだ。
中にふたりで写った白黒の写真が1枚あって(あ、私達もこんな風に笑っていた時期があったんだ・・・)と思った。誰が撮ったのかも何故、モノクロなのかも判らないけれど写真の中の二人はとても幸せそうに笑っている。
写真は苦手で仕方なく収まっていることが多いのに時を経て見る写真は衝撃的だった。
額に入れて目立たない場所に置いてみる。
自分への戒めを込めて(笑)。


しかし。あのレトロさは???
ほとんど Brocanteの世界。昭和って遠いんだ。
by grandma-alice | 2012-02-06 12:50 | 独り言 | Comments(0)
1月22日
はげちょろけのお弁当箱。凄く小さい。
実家の引出に入ってた。
思い入れのない人間が見つけたら捨てられてしまいそうな代物。
これは私のだったのだろうか。それとも妹のもので「羨ましい」という思いが強かったものだろうか。
半世紀も経つと記憶がこんがらかってしまう。
私は「バービー」で妹の「リカちゃん」に複雑な思いを抱いた私の子供時代は暗かったかも(笑)。



c0039215_2350747.jpg



夕方、大急ぎで冷え切った家の鍵を開ける。
リビング0℃。廊下は-4℃。でも平気、ストーブを点けてまず、トイレの水を上げる。
貯まりに貯まった郵便物をかき集めていると何やら長閑な水の音・・・・・・。
「あれ?」とトイレを覗くと大洪水。貯水タンクの中で水が凍結していたようで私自身も凍りつく・・・・・・。
ひえ~っ。
キッチンの蛇口も洗面所の蛇口も家中の蛇口は凍りついたままびくともせず。
ストーブに乗っていたやかんの蓋を開けると中は氷・・・・・・。
やっぱり北海道は寒かったのね。

家が暖まるまで放って置くことにして友人とご飯を食べに行く。
夜遅くに帰って来るとやっと室温は10℃。それでもとても暖かく思える。
家中の水をあげてノンビリ音楽を聴いていると又もやどこかから水音が・・・・・・。
今度は洗面所!蛇口が凍っていて完全に閉まらなかったようでチョロチョロ出ていた水がシンクから溢れてる~!!
排水口が家の中なのに氷で塞がっていた。
お陰でしっかり床掃除が出来ましたとも。あな恐ろしや。


郊外の江丹別は-30℃だったそう。昔に比べて北海道も気温が下がらなくなっているけれどすっかり北国仕様ではなくなっちゃって歩くにも苦労するこの頃。
by grandma-alice | 2012-01-22 19:29 | 独り言 | Comments(0)