人気ブログランキング |
CYCLO
やっと届いたDVD。10年以上前にシネマライズで見たきりでした。



c0039215_021577.jpg記憶というものはあやふやなもので部分的には覚えていたシーンも在りでしたが、初めて見るような気分でした。先日見た同じ監督の"夏至"は映像的にも綺麗なものでしたが、場所も年代も違うせいか、ベトナム戦争の影も見え隠れしていてリアルでした。

なぜ、トニー・レオン???と思ってしまいましたけど。(嫌いではありません)
ベトナムの人ではない彼はとても無口な設定です。なるほど・・・・・・

ポツン、ポツンと彼の唇から毀れる詩の一節一節は声のせいか情感に溢れています。
そして少年。この子の存在感が強烈なのでトニー・レオンの"詩人"はちょっと空虚な感が否めません。


流れている歌は演歌っぽい。
みんなそれぞれ背負っているものは重いけれどそれでも逞しく生きています。
あれから10年、ベトナムもすっかり変わっているのでしょうね。
by grandma-alice | 2006-09-20 00:27 | 本・映画・音楽 | Comments(0)
<< 苦瓜 風の影 >>