人気ブログランキング |
2019.05.25 KAVALAN
わざわざ、宜蘭まで行かなくてもウィスキーは伊勢丹で売っている。
でも、こんな素敵なところ。
お遊びでブレンディング体験も出来る。

c0039215_08445035.gif
みんな真剣。
ブレンドの割合によって度数も変わる。
自分の名前を書いたラベルを貼って、封をして立派な箱に収めたら感動モノ(笑)。
残った原酒は友人がペットボトルに集めて訳の分からないブレンドを作って夜、ホテルで味見した。コレが黄金比率かも。

宜蘭からバスの便が無いわけではないが、タクシーの方が良い。敷地がものすごく広いのでバス停から歩くと建物に辿り着くまでに相当歩きそうだ。
帰りは同じ車に迎えに来て貰った。
気の良い女性で景色や鳥の説明をしてくれる。
「ボッボッボ、鳩ポッポ」と日本語で歌う。
90歳のおばあちゃんが歌うのだそうだ。
宜蘭は街を出ると緑も多く、人は優しい。

by grandma-alice | 2019-06-03 08:44 | | Comments(6)
Commented by anita at 2019-06-26 07:59 x
Aliceさん、こんにちは。実はふたつとも二度目の投稿で、一回なんだかエキサイトの不調なのか反映できず、今頃のコメントでごめんなさい!
カヴァラン、こんなに広いところだとは思ってもいませんでした。レッドラタンでのダックの他にも、食べに行きたいローカルフードのお店の情報があるので、久しぶりに宜蘭にもまた行きたくなりました。
ウィスキーのブレンドも楽しそう。冷泉もあるし二泊したってよいくらい、宜蘭にも見どころたくさんありますよね。
Commented by grandma-alice at 2019-06-26 20:46
先生、今晩は。
実は宜蘭、ジミーさんのモニュメントさえ見ていません。工場見学もしていません。ダックも葱も(泣)。
香りが命のウィスキー、先生なら面白いブレンドをされると思います。私は途中で訳が分からなくなってしまいました。
東海岸の入口ですよね。梨山へ行かれる方は宜蘭からまわるルートがあるようです。
私、宜蘭でお茶屋さんを探したんですよ(笑)。
梨山に茶畑を持っていると思われる茶荘で浴びるほど飲んで来ました。友達が一緒なので大人買いは出来なくて(笑)大禹嶺と紅茶だけ買って来ました。
大禹嶺も数種類飲ませてくれましたが、ずらっと並べた蓋碗からスプーンで分配していました。
でも先生、台湾の紅茶は美味しいですね。
梨山の紅茶は初めてですが優しい香りと甘さに幸せを感じます。
長々と書いてしまいましたが久々にお話しできて嬉しいです。
なんだかコメント欄、開かないことも多いです。
お手数をお掛けしました。
Commented by anita at 2019-06-26 22:03 x
いやいやAliceさんのせいではないのですが、小茶の記事に書き込んだコメントはやっぱり今日も反映できなくて…何度かトライして力尽きました(笑)。

宜蘭も4回ほどは訪れたのですが、最初に行ったときにホテルで会った台北の方が、水と空気がよいから宜蘭はお茶もおいしいんですよ、と教えてくださったことを思い出します。

大禹嶺、難しいお茶ですよね〜。どれがホントなのか、私にも今の所わからなくて。そうそう台湾の紅茶、タンニンが少なくほんのり甘くて美味、高雄の半九十で買った「魚池紅茶」がとっても気に入りました。

あぁ、やっぱり好きな土地のことを話すのは楽しい。フィガロも買ったけど全然読んでないのですけれど(苦笑)。スペイン旅行を思い出して、イタリアに半ば無理やり気持ちをもっていっています。本当は10日休むなら、台東か金門島の旅にでたいのですが…こちらこそ、長々お邪魔しました(まるで自分のBlog記事かのように!)。
Commented by anita at 2019-06-26 22:13 x
今夜はコメント欄の反映がスムーズみたいだし何度もごめんなさい!魚池、ついでに検索したら、日月潭のことなのですね〜、なぁ〜んだ。時々吉軒さんの日月潭紅茶を買いますが、茶葉も産地だけはなく、いろいろなわけですね。梨山で紅茶も作っているとは知りませんでした。
Commented by grandma-alice at 2019-06-27 05:49
まぁ、金門島!(笑)
先生、怖いもの知らずですね。私は飛行機、怖いです…
🇮🇹となると事前のリサーチもそうですが日本に近い感覚の台湾とは違って、結構ハプニングがありそうでアテンドは大変そうですね。でも羨ましい。若い頃はあんなに行きたかったのに、気力が伴わなくなりました。
先生の仰っていらした高雄の半九十、次回は寄ってみようと思います(混んでいそうですね)。
魚池のお話で私も台南のカフェで飲んだ森林紅茶を検索してみたらコレも同じでした。台茶18號(紅玉)。日月潭と言ってもお茶の種類はいろいろあるようで、私は南投県がこの辺りだとも知りませんでした。
大禹嶺は冶堂で買ったのが美味しくて、その後はずっとイマイチでした。そもそもそんなに出回っているのかな、とも
Commented by grandma-alice at 2019-06-27 06:07
続きです(笑)
宜蘭で行った茶荘はネット上に冶堂と同じ缶が写っていたので大丈夫かなと。
同じ茶葉でも自分で淹れると毎回同じようには淹れられず、面白いものです。
いえ、キチンと淹れていないからですね(笑)。
<< 猫と西瓜 2019.5.25 朝ごはん >>