人気ブログランキング |
フェイ・ケラーマン
"逃れの町"を読み始めたところです。4年ぶりに翻訳が出て、びっくり。いつも気になっていたのですが、ちっとも新作が出ないので最近はすっかり忘れていました。でも、よく見ると1年に一作は出版されているんですよね。今回のなんて10年以上前のものです。このペースでは、生きているうちに全部読めないのでは・・・おまけに分厚いせいか、文庫なのに1300円(本体価格)もしました。売れていないのか?
でもね、デッカーは好きですし、普段は縁のないユダヤ教徒の生活の様子も垣間見られてこのシリーズは気に入っています。この人はジョナサン・ケラーマンの奥さんです。息子さんも小説家としてデビューしていると解説にありました。
翻訳ってそれだけでひとつの作品となるものですから大変でしょうが、翻訳家の皆様、私の為に是非是非宜しくお願いします!
by grandma-alice | 2005-10-27 00:18 | 本・映画・音楽 | Comments(0)
<< ピータン粥 お返事 >>